エクオールとは

エクオールとは?

女性の健康と美容を支える大豆由来の成分「エクオール」がいま注目されています。
エクオールは、女性ホルモンととても深い関わりを持つ成分です。卵巣から分泌される女性ホルモンは、月経や妊娠、出産などの生殖機能に関わるだけでなく、骨や皮膚、血管など全身の健康を維持するうえで重要な役割を担っています。
そんな女性ホルモンとエクオールの気になる関係について、くわしく見ていきましょう。

大きく揺れ動く女性ホルモン

快適な毎日を過ごすうえで欠かせない、女性ホルモン。女性らしい体を作るほか、肌や髪のハリ・ツヤをキープする、骨を丈夫に保つ、血中コレステロールを調整する、自律神経のバランスを維持するなど、さまざまなかたちで心身の健康を守っています。
女性ホルモンは常に同じ量が分泌されるわけではなく、月経周期や年齢によってその分泌量は大きく変化して行きます。

一生で見た女性ホルモンの変化

一生で見た女性ホルモンの変化図

思春期を迎え月経が始まる年齢に達すると急激に増加する女性ホルモンですが、閉経前後の更年期には一気に減少しさまざまな不調や疾患を引き起こします。一方、女性ホルモンが安定して分泌される性成熟期は、妊娠・出産に備え女性ホルモンによって守られている期間なのです。

1か月で見た女性ホルモンの変化

1か月で見た女性ホルモンの変化図

約1か月の月経周期においても、女性ホルモンは大きく変化します。
月経が終わると、女性ホルモンのうちエストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に増えていきます。排卵までのエストロゲンが多いあいだは、肌の調子がよかったり気分が明るくなったりと、心身ともに快適に過ごせる時期です。その後、排卵を境にエストロゲンが減ってプロゲステロン(黄体ホルモン)が増加し、むくみやイライラといった不調が現れやすくなります。
このように、とくに女性ホルモンのエストロゲンは、女性の健康や美容を保つうえで重要な役割を持っています。そんなエストロゲンにとてもよく似た作用を持つと大きな注目を集めているのが「エクオール」です。

女性ホルモンと似た働きを持つエクオール

エクオールがエストロゲン様作用を持つ理由は、その構造にあります。

エストロゲンとエクオールの図

上の図のように、エクオールはエストロゲンによく似た構造をしています。そのため、細胞のエストロゲン受容体に入り込んでエストロゲンと同じように作用するのです。
エストロゲンが減少したときはエストロゲンに似た働きをしますが、エストロゲンが過剰に分泌されているときには、逆にエストロゲンの作用を阻害すると考えられています。

エクオールは腸内細菌のチカラを借りて生まれる成分

エクオールは腸内細菌のチカラを借りて生まれる成分

エクオールは、大豆に含まれる大豆イソフラボンが、エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌によって代謝されてできる成分です。
以前は大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをすると考えられていましたが、研究が進むにつれて、大豆イソフラボンの恩恵を受けられる人とそうでない人がいることが明らかになりました。
さらなる研究の結果、女性の健康や美容を支えるチカラは大豆イソフラボンではなく、大豆イソフラボンが代謝されてできるエクオールにあることがわかったのです。

しかし・・・
エクオールを作れるのは、日本人女性の約2人に1人

しかし・・・エクオールを作れるのは、日本人女性の約2人に1人

実は、すべての女性が体内でエクオールを作れるわけではありません。その割合は、日本人の約2人に1人。若い世代においては、さらに少なくなっているといわれています。
エクオールを作れるか作れないかは、腸内にエクオール産生菌がいるかいないかで決まります。エクオール産生菌を持たない人がどれだけ大豆や大豆食品を食べたとしても、エクオールを作ることはできません。また、エクオールを作れる人であっても、その日の体調などによって十分な量のエクオールを産生できないことがあります。
エクオールは、摂取後1日でほとんど体外に排出されてしまうため、日々の健康にエクオールを役立てるなら、大豆や大豆食品を毎日食べてエクオールを作らなければなりません。サプリメントでエクオールそのものを摂取する場合も、毎日の摂取が基本です。

大塚製薬が乳酸菌で発酵させたエクオールを開発

大塚製薬のエクオールについて

おもに大腸に棲むエクオール産生菌としては現在約15種類が確認されていますが、大塚製薬では安全性の高いビフィズス菌や乳酸菌をターゲットに研究を開始。長い年月を経て、乳酸菌「ラクトコッカス20-92」の発見にたどり着き、世界で初めて大豆を乳酸菌で発酵させたエクオール含有食品を開発しました。
一方で、エクオールのさまざまな働きについての研究も進められています。
エクオールを作れない閉経後の女性に実施した試験では、1日10mgのエクオール含有食品を3か月摂取し続けた結果、代表的な更年期症状であるホットフラッシュ(ほてりや急な汗)の回数が減ったほか、首や肩のコリが軽減したことが明らかになっています。
また他にも、骨密度の低下を抑制しただけでなく、メタボリックシンドロームや血管のサビつきをおさえたり、肌のシワの面積を抑制したことが報告されています。

生涯を通じ女性の健康と美容を維持するうえで、重要な役割を担う女性ホルモン。そんな女性ホルモンの働きを補う作用が期待されるエクオールを、快適な毎日を過ごすために活用してみませんか?

CONACT

お問い合わせ

エクオールのことなら、なんでもご相談ください
  • よくある質問はコチラ
  • エクオールエクオールつくれる?つくれない?チェックはこちら
  • 最寄りのセミナーを探す
  • 更年期障害・更年期の悩みのことなら更年期ラボ