エクオールのコラムエクオールのコラム
  1. TOP
  2. コラム記事一覧
  3. 暮らしを彩るワンポイント
  4. 第2回 コミュニケーション能力の高い小物たち/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】

第2回 コミュニケーション能力の高い小物たち/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】

アクセサリーやバッグなどの小物を楽しく、上手にファッションの中に取り入れたい。石田さんの提案する小物づかいは、おしゃれ+α。人を惹き付け、その人をずっと魅力的に見せる小物の使い方を教えてもらいましょう。

自分で作るマグネットブローチ

「どこのブローチ?」って聞かれたら大成功。手作りなんですよ。フェルトに好きなビーズを縫いつけただけ。友達とおしゃべりしながら作るのも楽しいですね。あっという間にできあがります。実は、このブローチ、留め具がマグネット。生地に穴があいたり、引っ張られて形が崩れたりする心配がないのがいいところ。ピンの通らない皮素材にもつけられます。ブローチひとつで話すことがたくさんあるでしょう。初対面の人と会うときに、いいかもしれないですね。
第2回 コミュニケーション能力の高い小物たち/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
手先の器用な人なら2時間もあれば完成。服との組み合わせを考えてビーズを選ぶのも楽しい。

軽くて華やかなネックレスの秘密

ふわふわと軽やかに首元を彩るネックレス。素材は、なんと洋服に値札をつける透明なプラスティックバンド。ボリューミーで存在感があるから、シンプルなワンピース、真っ白なTシャツを華やかに演出します。そして、このネックレス、すごく軽いんです。たったの8グラム。首や肩に負担感がなくて、金属アレルギーの人もOKというネックレスって、けっこう探すの大変なんですよね。留め金もマグネットで簡単。なんと話題性抜群のネックレスなんでしょう。ネックレスの話から、「最近首が痛いのよね」とか健康の話に転じたっていい。おしゃべりがはずむと、また会いたいなって思いませんか。
第2回 コミュニケーション能力の高い小物たち/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
石川県金沢市のジュエリーデザイナー・藤田圭子さんが手がけるブランド「keicofujita」の「dodo」。木の葉を糸でつなげたような重なり感のあるデザイン。
第2回 コミュニケーション能力の高い小物たち/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
こちらも「keicofujita」のネックレス。プラスティックバンドをぎゅっと丸くアレンジした「Brooch BALL」。ピンを刺してブローチにしても、ワイヤーネックレスに通しても。

饒舌なカラフルバッグ

元気が出てくるような南国カラーのバッグ。ハンドメイドだからすべて一点もの。柄の出方や形や大きさなど、全部少しずつ違うのも魅力です。そして、よく見ると……わかりますか? そう!フィリピンで実際に販売されているジュースのパックの廃材を利用しているんです。しかも、単にリサイクルするだけでなく、日本人デザイナーとコラボレーションして「アップサイクル」を実現。その背景には、「海洋プラスチックごみ問題」の解決、現地雇用の創設などエシカルな一面を併せ持つバッグなのです。その人となりや、関心が見える小物のおかげで、自分への理解がずっと深まること、あると思います。
第2回 コミュニケーション能力の高い小物たち/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
ランギットカラーズジャパンのバッグ。おしゃれをしながら社会貢献できるとして人気。

「なにそれ?」と言わせたい!

電車の中で話しかけられる確率の高い小物です(笑)。これ、サングラスホルダーなんですよ。そもそも、めがねのケースって、バッグの中で見当たらなくなることありませんか? これなら、ストラップでバッグに引っ掛けられるから、すぐに見つけられます。サングラスとシニアグラスの2本持ちという人、多いですよね。猫がめがねをかけているのかな。デザインもハッピーです。遊び心抜群の小物は、持つ人をチャーミングに見せます。チャーミングな人っていいですよね。人を引き寄せるパワーがありますから。
第2回 コミュニケーション能力の高い小物たち/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
しまいたいときは、めがねをはさんでボタンで留めるだけ。ヒョウ柄×ゴールド×レッドという目を引くデザイン。コーディネイトのアクセントに。
石田 純子
石田 純子(いしだ・じゅんこ)さん
ポジティブなスタイリングを提案する人気スタイリストの石田純子さん。人に会うのが今よりももっと楽しみになる着こなし術を教えてもらいました。
スタイリスト。ファッション誌「装苑」の編集者を経て独立。メディアで活躍する一方、スタイリングアドバイザーとして、体型のコンプレックスをプラスに転換する着こなし術を提案。明快でありながら親身な語り口に惚れる人も多く、あらゆる世代の女性から支持されている。東京・月島のセレクトショップ「DUE deux」のプロデューサー。監修書に『おしゃれの魔法 18人の物語~おしゃれが上達する大人服』『捨てられない服』(共に、主婦の友社)など多数。
Facebook:https://www.facebook.com/DUEdeuxTOKYO/
SHARE
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る
美しく生きるヒントがきっとある

コラム記事

PREV
PREV