エクオールのコラムエクオールのコラム
  1. TOP
  2. コラム記事一覧
  3. 暮らしを彩るワンポイント
  4. 第3回   着やせする3つのライン/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】

第3回   着やせする3つのライン/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】

ファッションは体型カバーが目的ではありません。体のラインを活かしたコーディネートなら、もっとおしゃれになれます。

コーディネートでスタイルアップ

「やせて見えるコーディネートを教えてほしい」。多くの女性から相談されます。胸やヒップを小さく見せたい、おなかを隠したい、太ももが張っているなど、みなさん自分のウィークポイントに敏感です。気になる部分をカバーして、スタイルよく見せるコーディネート、ぜひ覚えてください。今回紹介するのは、女性らしさが強調される「Xライン」、全身を細長く見せる「Iライン」、気になる下半身もすっぽり隠す「Aライン」の3つ。アルファベットのカタチをイメージしたシルエットづくりをコーディネートの新基準にしましょう。

Xラインでくびれをつくる

「Xライン」とは、ウエストのくびれを強調したメリハリのあるシルエットのこと。裾がたっぷりと広がるボリューム感のあるボトムスに短めのトップスを合わせるだけ。簡単でしょう。少し長いトップスならウエストインする。ワンピースならベルトを使う。くびれがわかりやすくなり、美しいXラインを描けます。写真のようにぴったりとしたダブルジップのブルゾンやカーディガンの下側を開けるのもウエストマークになりますね。おなか周りが気になる人は、タックやギャザーの入っているボトムスを選ぶといいでしょう。

第3回   着やせする3つのライン/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
女性らしいシルエットのXライン。スカートがふんわりと広がりすぎているとパーティーっぽくなってしまうので、普段着には重みのある素材のスカートを選ぶ。

Iラインは着やせの基本

ストンと縦に落ちるラインを作るのが「Iライン」。「ロング&リーン(長い&細い)」とも言いますね。背が高くても低くても、ぽっちゃりしている人も、だれでもスタイルよく見せることができるシルエット。スマートでかっこいい印象を与えます。Iラインを簡単に作れるアイテムが、ロングカーディガン。気になるところをすっぽり隠せるのもいいところ。ノーカラー、ノーボタンのものが合わせやすく、着丈はひざ下まであるとカジュアルにもエレガントにも着こなすことができます。
第3回   着やせする3つのライン/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
カーディガンと正反対の色のインナーを選ぶと、「額縁効果」でより、Iのラインが強調される。

Aラインでかわいらしい着こなしを

「Aライン」は、体のラインを隠すシルエット。上から下へと広がりがあり、カジュアルでかわいらしい印象を与えます。いかにも「体型を隠している」という感じを出さないためには、足首や手首など、細い部分を見せるといいでしょう。

Xライン、Iライン、Aライン……どんなコーディネートにしろ、皆さんには「自分のチャームポイント」を見つけてほしいのです。数センチ、数キロ分を細く見せることよりも、これはずっと大事なこと。鏡の前に立って、腕が細い、足首がきれい、肌がきれいなど「今の自分」のいいところを探すと、「自分の魅力を発信するおしゃれ」に生まれ変われるのです。
第3回   着やせする3つのライン/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
ヒップやウエストを完全に隠したい人には、Aラインがおすすめ。子どもっぽく見られがちなので、合わせるボトムスの色味をトップスの色に合わせてシックにまとめたい。
石田 純子
石田 純子(いしだ・じゅんこ)さん
おしゃれの楽しみ方を提案する人気スタイリストの石田純子さんに、人生もポジティブに転換する着こなし術を教えてもらいます。
スタイリスト。ファッション誌「装苑」の編集者を経て独立。メディアで活躍する一方、スタイリングアドバイザーとして、体型のコンプレックスをプラスに転換する着こなし術を提案。明快でありながら親身な語り口に惚れる人も多く、あらゆる世代の女性から支持されている。東京・月島のセレクトショップ「DUE deux」のプロデューサー。監修書に『おしゃれの魔法 18人の物語~おしゃれが上達する大人服』『捨てられない服』(共に、主婦の友社)など多数。
SHARE
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る
美しく生きるヒントがきっとある

コラム記事

PREV
PREV