エクオールのコラムエクオールのコラム
  1. TOP
  2. コラム記事一覧
  3. 暮らしを彩るワンポイント
  4. 第6回 春のはおりものを楽しむ/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】

第6回 春のはおりものを楽しむ/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】

さあ、春がきました! 分厚いコートはしまって、軽やかにはおれるジャケットやコートにチェンジ。気分が上がる華やかなスタイルで、爽やかな季節を楽しみましょう。

大人世代のミリタリー

軽くて薄い上着を選ぶのなら、「今まで選んだことがない」ようなものにトライしてほしいと思います。たとえばミリタリージャケット。ハードすぎる? カジュアルになりすぎる? だったら、レース素材やプリーツスカートなど、柔らかい素材のものを合わせてはどうでしょう。強さが押さえられて、大人っぽい着こなしになります。くれぐれも、ダメージデニムを合わせないように。大人のおしゃれは、品の良さの中に「甘さ」と「辛さ」のバランスを作りましょう。
第6回 春のはおりものを楽しむ/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
ハードな印象のベルトやチェーンも、レースやフリル、花柄など甘いアイテムと合わせると中和される。

はおるだけでサマになる一着

見てください。このショートトレンチ。一度見たら忘れられない印象的なデザインだから、いつものスタイルに合わせるだけでも格段におしゃれに見えます。細身のパンツに合わせるときは前を開くと、歩くたびにトレンチが揺れてラフな印象に。ひもやスリットなど、どこかに動きがあると、目の錯覚で着やせ効果がアップします。ワイドパンツやボリュームのあるスカートを合わせるときは、前を締めて、ウエストをきゅっと絞ってください。メリハリのある女性らしいライン(Xライン)になり、スタイルをよく見せることができます。
第6回 春のはおりものを楽しむ/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
合わせるボトムスに迷ったときは、上着の色を参考にする。全体にまとまりがでて、引き締まった印象になる。

キレイな色を堂々と着る

今流行っているボンディングコートです。これは、ウェットスーツのような素材でできていてとても軽い。リバーシブルなのも嬉しいですね。なによりも、この色! きれいなイエローでしょう。見ているだけで元気になりますね。「派手な色は、私には無理」と心にバリアを張らないで。着たい服を着ればいいのです。大事なのは、胸を張って着ること。明るい色は顔色をよく見せますから、いつもよりも元気に見えるはずです。それに、こんなに鮮やかな色をまとっている人がいたら、話しかけたくなりませんか?
第6回 春のはおりものを楽しむ/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
ボンディングコートとは、表地と裏地を接着剤で貼り合わせたボンディング加工が施されたコートのこと。柔らかいのにハリがあり、シワになりにくいのが特徴。

1枚2役を着こなす

ロングジャケットにもなる2wayワンピースです。左の写真のように、ジャケットとしてサッとはおると、縦のライン(Iライン)が強調されて着やせ効果抜群。鮮やかな色のインナーもいいですが、白いニットに白いパンツを合わせたホワイトコーデにはおるのもおすすめです。右の写真のように、後ろ前を逆にしてワンピースにするときは、帽子やスカーフなど小物合わせを楽しんでほしい。とても同じ服には見えない、1枚2役のお得感。「あれも合うかな? これも合うかな?」と考えるようになったら、あなたのおしゃれ道のはじまりです。
第6回 春のはおりものを楽しむ/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
素材はウール×麻。春だけでなく、秋冬も活躍する。旅行のとき、スーツケースに1枚忍ばせておくと便利。
石田純子
石田純子(いしだ・じゅんこ)さん
「おしゃれには生き方を変える力がある」と話す石田純子さん。服を着る喜び、新しいスタイルに挑戦する勇気が、くじけない心の支えになるそうです。
スタイリスト。ファッション誌「装苑」の編集者を経て独立。メディアで活躍する一方、スタイリングアドバイザーとして、体型のコンプレックスをプラスに転換する着こなし術を提案。明快でありながら親身な語り口に惚れる人も多く、あらゆる世代の女性から支持されている。東京・月島のセレクトショップ「DUE deux」のプロデューサー。監修書に『おしゃれの魔法 18人の物語~おしゃれが上達する大人服』『捨てられない服』(共に、主婦の友社)など多数。
SHARE
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る
美しく生きるヒントがきっとある

コラム記事

PREV
PREV