エクオールのコラムエクオールのコラム
  1. TOP
  2. コラム記事一覧
  3. 暮らしを彩るワンポイント
  4. 第7回 悩み相談①きれいな色を着こなしたい/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】

第7回 悩み相談①きれいな色を着こなしたい/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】

第7回 悩み相談①きれいな色を着こなしたい/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
自宅でパッチワーク教室を開く横溝智子さん(50代)。ふだんは、グレーや黒でコーディネイトすることが多いそうですが、カラフルな服に挑戦! Before Afterを見てください。この春、石田さんが注目しているグリーンを軽やかに着こなしています。

大人世代こそカラフルな服を

横溝:パッチワーク教室ではカラフルな布を扱っていますが、私自身は目立たない色の服を選ぶことが多いんです。でも、この春は変わりたい。生徒さんたちをカラフルな服で迎えたいと思っています。
石田:いいですね。目標がある人はすぐに変われます。無難な色は、たしかに安心だし、品よくまとめたいときに心強い。でも、もしかしたら「地味」と思われてしまうかもしれません。
横溝:お店できれいな色の服を見ても、「私には似合わない」と買う前にあきらめることが多くて、たまに色を選ぶと失敗してしまうことがあります。
石田:カラフルな服はくすんだ肌のトーンをアップして見せるから、実は大人世代こそ選んでほしい。早速、一緒に選んでいきましょう。
第7回 悩み相談①きれいな色を着こなしたい/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
「私には似合わない」と思った服も、着てみるとしっくりくることがある。「なんでも挑戦してみること。素直な人はどんどん進化します」と石田さん。

自分中心となって好きな色を選ぶ

横溝:私の雰囲気に合う色とか、初心者でも挑戦しやすい色とかあるんでしょうか?
石田:好きな色を選ぶのがいいと思います。お店に行って、「あ、この色きれい」。そう思った色を選んでほしい。気になる色、ありますか?
横溝:私、赤が好きなんです。さきほどから、このトップスが気になってます。
石田:いいですね。赤は、着ているだけで元気に見えるから、大人世代にはぴったり。ネイビーや白など手持ちの服にも合わせやすいです。
横溝:一気にクローゼットが華やぎそう!
石田:服選びはもっと自分中心でいいと思います。もちろん、TPOや大人がハズしてはいけないルールはありますが、ふだん着る服や、楽しいお出かけのときくらい、自分の好きな服に包まれていてほしい。好きな色を身にまとうと、表情も明るくなります。横溝さんの嬉しそうな表情を見ているとよくわかりますね。
第7回 悩み相談①きれいな色を着こなしたい/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
赤のトップスに、チェックのプリーツスカートを合わせたスタイル。「この赤なら取り入れやすそう」と横溝さん。

地味な色にひっぱられないようにする

石田:横溝さんは、黄色の服を着たことはありますか? すごくきれいでしょう。
横溝:ビタミンカラー! 憧れてました。ここまで鮮やかな色を着たことはないですね。
石田:黄色と白でコーディネイトしてみましょうか。これを「派手かも」と、マスタードとベージュの組み合わせにして、一段くすませてしまう方が大人世代には多いですね。地味な色にひっぱられてしまう……。
横溝:わかります。そうやって少しずつ色味を抑えてしまった結果が、今の無難なスタイルになってしまっているのかもしれません。
石田:「ちょっとずつ抑える」がすべての服に対して行われることで、全身がすごく暗くなってしまう。今の自分を変えたいと思っているなら、少し勇気がいるかもしれませんが、そのままきれいな色に挑戦してみてください。
第7回 悩み相談①きれいな色を着こなしたい/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
黄色と白で統一したコーディネイト。鮮やかな黄色のカーディガンを羽織ることで、全身が引き締まってみえる。

明るい色を胸をはって着る

横溝:このスカートのグリーン。とってもきれいですね。鮮やかなのに深みがあって……。
石田:とっても似合っていますね。この春のおすすめです。カラフルな服を着ていると、話しかけられることが増えると思います。「その色きれいね」「素敵な服ね」。ほめられるとうれしいから、もっとおしゃれしてみようと思う。もっと出かけてみようって思う。そんなふうにして、1着の服からどんどん変わっていった女性を何人も知っています。
横溝:大事なのは最初の1着ということですね。
石田:そう。自信がなければ、最初はかくすように着てもいい。でも、きれいな色がコーディネイトに加わることで、変化は確実に起こっています。そのうち慣れてきて、その服を主役にすることができるようになる。
横溝:人に見られるってちょっとドキドキしますが……。
石田:大丈夫。意外とみんな見てないから(笑)だから、思い切って変えても大丈夫。自信をもって着こなしてください。それで、ほめられたら最高です!
第7回 悩み相談①きれいな色を着こなしたい/スタイリスト・石田純子さんの【明日、何着る?】
活発な印象を与える濃いグリーンのスカートに、黄緑色のカーディガンを合わせた。「グリーンは黒とも相性がいいから、最初は手持ちの黒い服とコーディネイトしてもいいと思います」と石田さん。



●次回のお悩みは、「コンプレックスをカバーしたい」です。
石田純子
石田純子(いしだ・じゅんこ)さん
石田純子さんにファッションの悩みを相談すると、コーディネイトや着こなしだけでなく、おしゃれに向かう自分の気持ちまで変わります。
スタイリスト。ファッション誌「装苑」の編集者を経て独立。メディアで活躍する一方、スタイリングアドバイザーとして、体型のコンプレックスをプラスに転換する着こなし術を提案。明快でありながら親身な語り口に惚れる人も多く、あらゆる世代の女性から支持されている。東京・月島のセレクトショップ「DUE deux」のプロデューサー。監修書に『おしゃれの魔法 18人の物語~おしゃれが上達する大人服』『捨てられない服』(共に、主婦の友社)など多数。
SHARE
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る
美しく生きるヒントがきっとある

コラム記事

PREV
PREV